ダマされない保険の鉄則

2018-09-12

保険のからくりを理解して必要な保障を自分で選ぶ!

「保険」が大好きな日本人は疑問を持たずに加入している!

低解約返戻金型終身の損なカラクリとは?

 普通の終身より保険料を抑えた艇解約返戻金型終身。
払込終了前に解約すると大きな損失につながります。
また、払込終了直後には、保険料と解約返戻金がほぼ同額となります。
つまり、払込期間中の解約は大幅な元本割れ、払込終了直後の解約でも利息はゼロです。

激変する保険選びの新常識

【加入方法】
昔 ・・・ 職場に来る保険営業や親せき、友人の勧誘で加入する
      
      生保会社の営業が自宅や勤務先まで訪れ、支払い時や請求時などきめ細かいサービスを
      提供した。
      この時代には安い保険は存在せず、大手同士を比較したに過ぎない。

      ↓  ↓  ↓  ↓

現在 ・・・ ネット完結の保険や乗合代理店で加入する

       どんな情報も手に入る現在、ネットや通販系生保で保険料の安い商品を探そう。
       ネット系は付加保険料を圧縮できるのも魅力。同じ保障なら安い方がよい。

【死亡保険の選び方】
昔 ・・・ 終身保険をベースとした2階建ての複雑な商品

      大手生保の主力商品。
      更新型を採用していることが多く、更新ごとに保険料がアップします。
      多くの特約を付加され、わかりにくい面も。

      ↓  ↓  ↓  ↓

現在 ・・・ 必要な保険を定期の掛け捨てタイプで安く加入

       終身保険とセットで高い保険料を払うより、必要な時期に限定して定期保険や
       収入保障保険に安く加入するのが現在の新常識です。

【医療保険の選び方】
昔 ・・・ 解約返戻金や生存給付金があり保険料が高かった。

      解約返戻金や一定期間毎に受け取れる生存給付金のあるタイプが人気で、
      その分保険料は高くなる。
      純粋な掛け捨てタイプを選びたい。
      
      ↓  ↓  ↓  ↓

現在 ・・・ 掛け捨て型主流で保険料も安い!三大疾病は入院日数無制限に。

       入院治療が長引きがちな三大疾病の場合、入院日数が無制限、
       七大生活習慣病なら120日まで保障してくれる保険もあります。

「昔入ったから安心」という考えは直ちに捨てるべし!

 そもそも保険は、加入者が保険料を出し合って、いつ起きるかわからない病気やケガ、
死亡など不測の事態に備える仕組みで成り立つ商品です。
元気で働けているうちは、保険金は受け取れません。
また、不安のすべてを保険で解決することは不可能であり、それらは1つ1つ保険でケアしていては
支払う保険料の負担は膨大な額になります。

高額な保険料が家計の足を引っ張ってしまい、生活が困窮してしまっては本末転倒です。
基本的には、貯蓄を最優先で考え、それでも賄えない部分のみを必要な期間、
保険で保障するという考えを持ちましょう。
保険料をいくら払っても試算は増えませんが(一部の貯蓄型を除く)、保険料を抑えることで
貯蓄が増やせます。

 また、死亡保障、医療保障をする保険商品は日々改定を続けており、医療技術も進歩しているため、
商品を選ぶ際に重視するポイントも時代によって大きく変化しています。
昔、親せきや保険会社の友人の付き合いで入ってしまった保険は、今ではそれ以上の保障を
もっと安い保険料で加入できる可能性があるので、見直しの検討をしてみましょう。

 現在は、ネットだけで安い保険料で入れる保険会社があり、簡単に保険料を
シュミレーションできます。
また、街のいたるところにある複数の保険商品扱う乗合代理店に相談するのもいいでしょう。

Copyright(c) 2013 J'sPlan All Rights Reserved.