30代には30代にあったの保険を選ぶ

2017-10-12

30代は死亡保障を厚くする。

30代は結婚や出産などを経験する方が多くいると思います。
今までのように自分のことだけ考えるのではなく家族のことも考える事が必要になってきます。
特に自分が亡くなった時の家族のことを考えて死亡保障は手厚いものにしておきたいものです。

死亡保険は子供が生まれたら保険を見直す必要がある。

家計を支える人(夫)が万が一死亡してしまった場合受け取れる遺族基礎年金は年間77万9300円+子の加算分になります。
夫が会社員の場合これに遺族厚生年金などが上乗せされ12万から15万程度受け取ることができます。
しかし生活費や子供の教育費などを考えると決して遺族年金だけでは足りないでしょう。

そこでその分を保険でカバーするという選択も必要になります。
子供が成人するまでにいくらかかるのかを計算してそこから遺族年金や今の貯蓄、残された人の収入などを差し引い他金額を保険で備えておく必要があります。

保険料が高い貯蓄型の終身保険より保険料が安い掛け捨て型の定期保険や収入保障保険を選ぶのがセオリーです。
もし高い保険料を払い日々の生活が苦しくなるような保険はお勧めできません。
貯金しながら保険は安いものでというのが30代の方が保険を選ぶ際のお勧めになります。

30代のうちに病気や怪我、三大疾病などにも備える終身の医療保険に加入する。

家族ができるとじぶんが急に入院した時の医療費が心配です。
さらに入院中の収入が減ったり入院中の看護により子供の面倒を人に頼んだりなど今まで書かなかった費用などが発生する場合があります。
そのような心配を補うのが医療保険です。
できれば一生涯を保障するものに加入することがお勧めです。

子供が生まれたら教育費の事も考える。

子供の気教育費は学資保険で準備するのがお勧め
教育費を準備する場合最も費用がかかる大学資金を貯めておきたい。
18歳の時に200万から400万位を用意できると理想です。
このようなことに合わせて設計されているのが貯蓄型の保険、学資保険です。
毎月積み立てをしておけば必要な時にお金を用意できるので教育資金にぴったりです。

30代は生活にさまざまな変化があるときだと思います。
30代には30代にあった保険があります。
現在の生活を圧迫しない程度に万が一の事を考え備えておく事が大事です。

 

保険の事でお困りの方は

㈱J’s planは10社以上の保険商品からお客様に合った保険をご提案する来店型ショップです。

無料相談も随時お受けいたしておりますので、どのよう内容でもかまいませんのでお気軽にお問い合わせください。

もしお近くに来ることがありましたらお気軽にお立ち寄りください。

〒960-0112 福島県福島市南矢野目字古屋敷56-24 イオン福島店の北側です。

Copyright(c) 2013 J'sPlan All Rights Reserved.