保険の新常識⑦.⑧

2018-12-18

7.ベテランほど見直すべき最新テクで保険料が割引

自動車保険

各社が注力するテレマティクス保険

■安全運転割引
カーナビアプリを使い、運転診断を受けます。
6(s)、7(s)等級での新規契約の場合、1年間のみ最大20%の保険料割引があります。

■優しい運転キャッシュバック型
専用の車載器を使い、運転のスムーズさを点数化します。
10日かつ20時間以上の運転内容により、年間の保険料を最大20%キャッシュバック。

自動車保険は運転技術の巧拙によって割引が利く「テレマティクス保険」が本格化。
これまで、事故歴に基づく等級や、走行距離数に応じた割引が主だった自動車保険の新潮流です。

GPS機能を備えたカーナビやドライブレコーダーなどの車載器情報端末を使って収集した走行データを、保険会社独自の最先端の技術で、安全運転のレベルを分析し、保険料を割り引く仕組みです。

従来の等級制度では、仮に営業車やレンタカーなどで運転実績があっても、初めて保険に加入する場合に考慮されませんでしたが、テレマティクスの導入によって、こうした層に対して、個人の運転技術や運転特性による保険料の割引が可能になりました。

また、配偶者を除く家族や、友人のクルマを借りて運転する機会の多い人向けに、24時間500円から契約できるセブンイレブンの「1DAY保険」がヒットを博しています。

1回の契約で運転者を最大4名まで設定できます。
最長で7日間分の契約ができるため長旅や帰省などにも使えます。

5月からローソンとミニストップでも東京海上日動火災保険「ちょいのり保険」が販売開始。
同居家族の運転頻度が低い場合は、あえて保険に加入せず、必要に応じて1日保険を使った方がコストを抑えられます。

8.医療保険を選ぶ新基準 3大疾病の”定義”を見る

医療保険

生命保険協会によると、13年以降に新規契約された生命保険のういち、トップに君臨するのが医療保険です。

それ故、この激戦区で各社がしのぎを削り、医療保険の使い勝手や保障範囲は急ピッチで進化しています。

そんななか、実は3大疾病と認定する範囲に、各社で違いが生じてきています。
もしも今、加入している医療保険の3大疾病の定義が狭いタイプであれば、見直しを検討する価値ありです。

一方、脳卒中の保障の穴は少ないです。
「くも膜下出血」や「脳内出血」といった重大な疾患も含むため、脳の疾患全体の72%をカバー。

脳血管疾患の方が確かに範囲は広いですが、必ずしも重視する必要はありません。
ただ、厚生労働省の国民生活基礎調査の概況によりますと、寝たきりの主な原因は脳血管疾患で、全体の3割を占めるという。

収入が途絶える引き金になるため、できるだけ一時金特約などで備えておきたいですね。

Copyright(c) 2013 J'sPlan All Rights Reserved.