人生の節目<<40代~50代>> ~保険の見直し~

2018-09-04

40代~50代の保険の見直し

40代は複雑な年代。
20代や30代と違い、子供の受験や親の介護、更年期、身体の衰えなど、
一番自分に集中できない時期でもあるのですが、実は、一生の中で40代が一番大切な10年でもあります。

40代・・・40代は、子供の教育費や住宅ローンの返済などの出費がとても多い年代です。

      また、この年代になると生活習慣病の発症率がグッと高まります。

      治療費が高額になるので、健康診断などでリスクをチェックし早期予防をお勧めします。

      また40代は、生活習慣病をはじめ持病を抱えるリスクが高まる時期でもあります。

      告知で引っ掛かっては元も子もないので、加入できるうちに医療保険やがん保険の加入を

      検討してみてはいかがでしょうか?

50代・・・老後に向けてどれだけ負債を減らせるかが重要です。

      子供の教育費や生活費がかからなくなるので最も貯蓄がしやすい時期になります。

      子供が独立したら、家族のための死亡保障よりも自身の健康リスクに対して重点的に

      保障を確保しましょう。

      また、50代は親の遺産相続が現実的となります。

      親を被保険者として死亡保険を活用した相続税節税もご検討してみては

      いかがでしょうか?


40代~50代は人生のターニングポイント

若い時は先の方が長いので、目標を置いてそれに向かって生きてきましたが、
そういった前向きの感情が必要ではありますが、40代になるともう時間的にもやり直しが
きかなくなるので、「今どうありたいか」と言うことに目標設定し、「今日をどう生きるか」に
集中すること。

「一年スパン」で立てていた目標も、40~50代になったら、今日一日をどう生きるかの

「一日スパン」に切り替えます。

「元気のもと」はなんだろう?と考えます。子供の寝顔。友達とおしゃべりすること。
今日の仕事を達成すること。

そうやって、毎日「元気のもと」を追いかけることにより、日々に張り合いもでき、
もう少し先の目標に向かっても一歩づつ前進し、追いかける活力を持つことができます。

今日一日を、今を、十分に楽しみましょう。

Copyright(c) 2013 J'sPlan All Rights Reserved.