知らないと損をする!相続税対策に保険を使った活用術

2017-08-30

相続税の対象者はお金持ちだけではない。

相続税は土地、建物などの不動産、預貯金、現金、株式などの遺産を相続する人にかかる税金ですがお金持ちの人だけが関わるものというイメージはありませんか?
27年1月以降、約20年ぶりに税制が改正され、相続税の基礎控除額が大幅に下がりました。
これにより一般家庭にも影響が出てくることが考えられます。
相続税

もしもの事があった場合にも慌てないよう、対策をとっておく事も必要になってきます。

そこで保険を利用した相続税対策についてお話したいと思います。
なぜ生命保険が相続税対策になるのか?
生命保険の保険金は全額損金扱いにすることが出来るのです。つまり非課税になるということです。

相続する財産から生命保険料を支払っておけば、相続税の対象となる財産が減ります。
つまり相続税額が減るということです。
相続税の対象となる財産自体が減るので、相続額が基礎控除額の範囲で収まり、非課税となる可能性があります。
もしも課税対象となったとしても相続税率が低く抑えることが出来るのです。
生命保険の受取り金には、相続税が非課税となる金額の範囲が設定されています。
非課税となる金額の範囲内であれば、税金を払わず相続財産を受け取れるようになるということです。

簡単に言うとこういうことですが・・・・

保険に関するわからない事、不安なことはJsプランの無料相談を活用ください。

どの様な契約内容や種類の保険でもいいというわけではありません。

さらに、相続税の節税効果を得るためには、保険金の受取人について気を付けなければならない点が多数ございます。

自分で相続対策や相続税申告をしてしまうと、余計に税金を払うことになってしまうケースもありますのでご注意ください。

節税対策にはどのような保険が適していてどのような契約である必要か
生命保険の相続税対策によるメリット、注意点など詳しく知りたい方は私どもの無料相談をご利用ください。

保険無料相談

Copyright(c) 2013 J'sPlan All Rights Reserved.