保険選びの際に絶対に知っておきたい保険の3つの基本

2017-07-25

生命保険に入る際に絶対知っておきたいことがあります。
保険には様々な商品があり自分が求めている商品はどういったものなのかを判断しないといけません。
その為には保険の基本的な部分を知っている必要があります。

生命保険は3つの保険から出来ている。

生命保険は難しいものと言うイメージがありますが、実は基本は3つの保険でできています。

  • 定期保険
  • 養老保険
  • 終身保険

保険に加入する際に予備知識としてこの3つの保険について知っていれば保険販売員さんの難しい説明も理解できるようになります。

それぞれの保険の保障内容と特徴

定期保険の保障内容と特徴

定期保険とは

  • 保険期間中に死亡した場合に保険金が支払いされます。
  • 加入すれば、保険期間中であれば保険金が保証されますが、保険期間が満了すると一切の保障はありません。
  • 契約により決められた期間を保障する。
  • 一般的に掛け捨てと呼ばれる保険で貯蓄性は無い。
  • 終身、養老保険と比べ保険料が安価
  • 解約返戻金は保険期間中に少額はあるが、保険期間終了時は0円である。

終身保険、養老保険ともう一つという方によく選ばれています。
定期保険についてもっと詳しく知りたい方はこちら

養老保険の保障内容と特徴

養老

  • 保険期間中に死亡した場合に保険金が支払いされる。
  • 保険期間終了まで生存して言った場合、死亡時保険金額と同等の金額が満期保険金として支払われる。また通常支払った分より多く満了保険金が支払われる。
  • 3つの保険の中でもっとも貯蓄性が高い保険である。
  • 支払い保険料は定期、終身、養老の3つの保険の中で一番高い。
  • 解約返戻金がたまっていく
  • 保険期間内にそれまでに支払った保険金より解約返戻金が多くなる期間がある。

養老保険いついてもっと詳しく知りたい方はこちら

終身保険の保障内容と特徴

終身保険について

  • 終身保険の保険期間は一生継続され、死亡時に保険金が支払われる。
  • 保険期間は一生だが、支払期限が設定されており、それまでに支払いを終える事になる。
  • 解約返戻金がたまっていく
  • 保険支払い期間が終了に終わるころには返戻金の金額も支払い金額より多くなる。
  • 終身保険には満期が無く、そのため満期保険金も無い。
    しかし保険が不要になり解約すると解約返戻金として受け取ることができる。

終身保険についてもっと詳しく知りたい方はこちら

どの保険を選ぶかは加入者のライフスタイル次第

生命保険の基本となる3つの保険についてはお分かりになられたかと思います。
それぞれを比較するとそれぞれ良い面と悪い面があります。
ライフスタイルに応じ、あなたに最も適した保険を選ぶことが重要になります。

人は先のことはわかりません。
誰もがいつ何が起こるかなんてわかりません。
自分は大丈夫と思っていても運命には逆らえないのです。
もしもあなたに何かが起きたときに
大切な家族に迷惑がかからないように、路頭に迷うことが無いように
しっかりと保険には加入しておきたいものです。
保険の基本の形は3つですが様々な会社から様々な商品が出ていますので
一社の商品のみではなく、様々な会社の商品を比較検討し自分にあった保険に加入することをお勧めします。

保険無料相談

Copyright(c) 2013 J'sPlan All Rights Reserved.